2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第27話

「天の光はすべて星」


終わっちまったぁぁああ!!

 うう…これから何を楽しみにしていけばいいのか謎です。瀬戸の花嫁まで終わってしまうしなぁ…。

 ともかく、地下から始まったこのお話もついに最終回。いつの間にやら銀河スケールで戦いを繰り広げていましたw でかすぎるってw
 OPは最終回らしく無し。代わりに大グレン団全員で

 「天元突破! グレンラガン!!」

 熱い。熱すぎる。タイトルコールからしてなんてアニメだ。大グレン団が全員乗っているこのグレンラガン。なんかベルゼインリヒカイトみたいだと思ってしまったのは私だけでしょうか。そうですか。
 対するアンチスパイラルも偽グレンラガンで対抗。
 ってロージェノム! いきなり格好よくなりやがってw ニアとの会話には不意打ちでなきそうになりました。そうか…生体コンピュータになったのってニアが黒くなった後だったから実質これが再会シーンだったのか。
 大グレン団VSアンチスパイラルの戦いはそりゃもうやばいのなんの。銀河系を足場にするわ突き破るわ纏めてぶん投げるわで…かつてここまでの規模の戦いがあったんでしょうか? いやない!w
 そりゃ次元に穴が開いて地球が見えますよ。ロシウも驚きますよ。そこで根性見せてくれたのがダヤッカ。「俺の嫁は宇宙一スイング」が格好良すぎる! てかあれ、地球全体に聞こえちゃってますよねw

 でもそんなの関係ねぇ! たとえビックバン規模の攻撃が来ようとなぁ!!
 ロージェノムが…(つд`)゜。゜。
 まさかラセンガンが復活してドリル化するとは思いませんでした。「受け取れぇぇ! シモン!」とか…! ライバルとの共闘ってのはやっぱ最高に燃えるw
 そっからドリルがもう砕ける砕ける。意地が支えって感じですね。壊されては出して、壊されては出して。激しすぎるw

 「覚えておけ、このドリルはこの宇宙に風穴を開ける。その穴は後から続く者達への道となる。倒れていった者の願いと、これから続く者の希望。二つの思いを二重螺旋に織り込んで、明日へと続く道を掘る!
 それが、天元突破!
 それがグレンラガン!
 俺のドリルは、天を創るドリルだぁあ!!

 あぁ、猛!この口上には何の言わんぜ! 心が震えたからもう言葉はいらん!
 
 最後のシメはやはり中から飛び出る今までのグレンラガン。こんだけサイズをインフレさせたのはこのためか!
 天元突破グレンラガン→超銀河グレンラガン→アークグレンラガン→グレンラガン→ラガンインパクトォォ!!

 ラガンインパクトって懐かしいw 最近でかいのが多かったのでラガンの存在を忘れそうになっていたw でも最後のキメはやはりこれしかありませんよね。そしてキメられたアンチスパイラルも中々いい台詞で最期を迎えました。



 そしてラストシーンの結婚式…。なんでだよぉ…! 何故ここでニアが消えなくちゃいけないんだ!! と言っても駄目ですか。消えてしまったのは、消えてしまったとわりきるしかないんですね。ギミーが螺旋の力を使えばって言ってましたが、螺旋の力は前に進むための物。後戻りはできない。
 そう言いたいんでしょうか、シモンの最後の背中は。決して振り返らないという決意が感じ取れます…。あの頼りなかった背中が。今はこんなにも。カミナを支えた背中は、後に続く人たちに色々な物を残していったと思います。

 そしてED…! なんか微妙だなぁとか思っていたんですけどw なるほど、シモンの背中はこういう意図があったんですか。色々な旅をしたんだろうなぁ。

 忘れちゃいけないCパート。皆老け…いやいや成長してましたねw ロシウとかホントにびっくりしましたwなんだあの声w ギミーも多分シモンの声じゃないかと思います。公務王は艦長になってますしw
 カミナの隣にあるニアの墓で涙腺が天元突破しましたw 反則過ぎる…。静かに風が吹いているだけって演出も効いた…! 大切な人を2人も失っても歩き続けたシモンやヨーコは、本当に強い人たちですね。
 

 最後に出てきたナレーターボイスのシモン。今までの流れからして、シモンがこの後あの少年にアンチスパイラルとの戦いとかを語ったりするんでしょうか…? いや、邪推は余計ですね。シモンはきちんと生きていた。それだけでいいような気がします。

 「天の光は、すべて星だ。ああ、そうだ。螺旋の友が待つ星々だ…。」



 そういえば議論を呼んでいる第1話冒頭は何だったんでしょう? いわゆるパラレルワールドだと思いますけど、そうするとあのプロローグのシモンが相当嫌な奴に思えてしまいます。だって「天の光は全て敵」とか言ってる副官に何も意見しないし、時空間ごと捻じ切ってやる!とか言っちゃってますからねぇ。まぁ公式でなんか言ってくれるのを待ちますか…。多分パラレルだと思いたい。あれが何年後かのストーリーならそこらじゅうと戦争してそうですからね。


 というわけで、終わりました。天元突破グレンラガン。兄貴の格好良さに惚れた第一部。シモンの成長に涙した第二部。アンチスパイラルの謎に包まれた第三部。そして素晴らしい締めくくりだった第四部。色んな言葉があって色んな人たちがいました。その全てに大切なことを教えてもらった気がします。
 何よりも印象に残っているのは、やっぱり「俺を誰だと思っている!?」って言葉でしょうか。自分らしさってことの大切さを、このアニメで学んだ一番のことだと私は思っています。



 まぁ、なんにせよ、グレンラガンありがとう! スタッフありがとう! 面白かった!!

スポンサーサイト

テーマ:天元突破グレンラガン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fantazm.blog118.fc2.com/tb.php/18-042da890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」

天元突破グレンラガン 4捕らわれのニア。だが、男は現われた、そう約束通り・・・。そして始まる!まだ見ぬ明日のための最後の戦いが!!

天元突破グレンラガン 第27話「天の光はすべて星」

シモンの物語、ここに完結。ずっとナレで繰り返し語られたようにこれはシモンの生き様の物語でした。無理をぶっ飛ばし、天を突くドリルを持った男の戦いの…。見事な最終回でした! 完全燃焼&完全決着。とことん

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第27話「天の光は全て星」

品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0レビュー数 1 件 これは自分の運命を知らなかった一人の男の人生の物語。今、男は自分の運命を知り、愛する女と、友と、まだ見ぬ明日のための最期の戦いが今、始まる!

天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」

ニア~~。+゚(゚´Д`゚)゚+。

天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」

ニア~~。+゚(゚´Д`゚)゚+。

天元突破グレンラガン 第27話 「天の光はすべて星」

ニア~~。+゚(゚´Д`゚)゚+。

«  | HOME |  »

プロフィール

REM

Author:REM
大学生。理学部。ほそぼそと生きております。
あ、プロフィール画像に意味は存在しませんのでww

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。